Skip to content

弁護士を呼ぶメリットとは

いつもと変わらぬ日常生活の中で、思いの寄らない出来事が訪れる可能性は十分に考えられます。

転んでしまった際に人を巻き込み怪我をさせてしまったり、満員電車の揺れで女性にぶつかり痴漢に間違えられてしまったりして、逮捕されてしまうケースは少なくありません。

逮捕されてしまうと最大72時間は警察に身柄を拘束され、誰とも連絡を取ることができません。

自分の言い分を伝えて相談をしたくても、家族でさえすることができないのです。

このような事態に陥ってしまったとき、最も頼りになるのが弁護士であります。

知り合いの弁護士がいない場合でも、警察官に当番弁護士を呼ぶように伝えると、その管轄の弁護人が接見に来てくれます。

保証されている権利や取調べでの対応の仕方など、アドバイスをしてもらうことができます。

突然の逮捕に驚くと共に、誰にも相談することができないという状況に、不安と感じることでしょう。

できるだけ早く弁護人を選任することで、示談交渉や保釈手続きなど弁護活動を進めてもらうことができます。