Skip to content

罪を犯していても逮捕されないケースとは

日本は比較的治安がいい国でありますが、色々な事件や事故が数多く起こっています。

ニュースで報道されているような大きな事件だけではなく、軽犯罪も含めると予想以上の犯罪者がいるのが現実であります。

通常は罪を起こすと、警察に逮捕されるという認識が強いと思います。

被害者と示談交渉をしたり、少しでも刑が軽くなるようにしたりするために、弁護士を選任することと思います。

しかし、罪を犯したにも関わらず、逮捕されないというケースもあるのです。

「書類送検」というのを聞いたことはないでしょうか?書類送検とは拘束する必要のない事件で犯罪の捜査をした場合に、書類や証拠物を検察に渡すことです。

逮捕とは身柄を拘束するということで、特に軽犯罪の場合には逃げたり証拠隠滅をしたりする恐れがないと判断されると、罪を犯していても逮捕されずに捜査を進めることがあるのです。

書類送検なら起訴されることはないと安心する人もいるかもしれませんが、捜査によっては起訴される可能性もあり、そのときには弁護士を依頼する必要があります。