Skip to content

増えている弁護士法違反による逮捕者

毎日色々なニュースが報道されていますが、いつも明るいニュースばかりとは限りません。

傷害事件や殺人事件、事故や薬物犯罪などの件数も決して少ないとはいえません。

様々な事件がある中で、弁護士法違反により逮捕されたというニュースを聞くことがあります。

これは実際に弁護士の人が違法をしているというより、行政書士など知識のある人が業務を広げたことにより起こるケースが多いようです。

行政書士は法律家として様々な相談を受けていますが、事件性のあるものに関しては扱うことができません。

実際に弁護を行ったわけではなく、相談に乗っただけでも、弁護士法違反として逮捕されてしまうのです。

しかし、原状では事件に介入して相談を受けている所は多く、事件に関する相談を行う際には、確認をすることが大切であす。

行政書士の仕事は示談書などの書類作成は可能ですが、確認事項を連絡することは違法となるなど、業務範囲が難しいのが特徴です。

悩みを相談して解決に導いてもらうつもりが、トラブルに巻き込まれてしまうことのないよう注意を必要です。